1. TOP
  2. クレジットカード
  3. ソラチカカードの入会キャンペーン比較!マイルがお得なのはポイントサイト?紹介?

ソラチカカードの入会キャンペーン比較!マイルがお得なのはポイントサイト?紹介?

目次

ソラチカカードを一番お得に申し込む方法とは?(2019年4月最新)

ソラチカカードは申し込む方法によって特典が43,870マイルも得をします

ソラチカカードの申し込みは下記の説明を読んで行いましょう。

なぜなら、先にも書いた通り、申し込む方法によって特典が43,870マイルも得をするからです。

43,870マイルあれば、時期や目的地によっては国内線1往復が無料で可能なマイルの量です。

そこで43,870マイルを逃したくない方に朗報です!

ソラチカカードは、以下にご紹介する3つのステップにて申し込むのが一番お得です。

1. 「マイ友プログラム」へ登録する(500マイル)

実は、現在、ANAカードが「マイ友プログラム」のキャンペーンを開催中です。

「ソラチカカード」もこの「マイ友プログラム」の対象になっているので、このサイトからのお申し込みで「ANAカード(一般)」「500マイル」がボーナスマイルとしてプレゼントされます。

*ご注意:必ず「マイ友プログラム」に最初に登録してから「ソラチカカード」の申し込みをお願いします。逆で申し込んだ場合はボーナスマイルがもらえません。

1. ソラチカカードのページより先にマイ友プログラムページにて登録

ソラチカカードを申し込んで500マイルもらうには、本サイトから「マイ友プログラム」に登録します。

上記のように、オレンジ色の「登録用ページ」ボタンをクリックします。

2. 登録ページで紹介者の名前と紹介者番号を入力

紹介者情報を入力する欄が表示されますので、下の通りの本サイト運営者の「紹介者氏名(コスギ ケイスケ)」「8桁の紹介番号(00027044)」を入力します。

*必ず、この「登録用ページ」で「紹介者(私)」と「申込者(あなた)」の情報をANAに知らせる必要がありますのでご注意ください。

この下の登録者情報に「あなたの名前」「生年月日」を入力します。

3.マイ友プログラムの登録が終わったらカードを作成せずに終了する

ご注意

「マイ友プログラム」の詳細は

https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/

をよくご覧の上お申し込みをお願いします。

2. ポイントサイトからソラチカカードを申し込む(5,670マイル)

ソラチカカードをポイントサイトから申し込むとどれぐらい得なのか?表にしてみました。(2019年4月1日現在)

サービス名 通常
ポイント
期間限定
ポイントup
金額換算 ANAマイル換算
ちょびリッチ 6,000pt 14,000pt 7,000円 5,670マイル
げん玉 26,400pt 57,112pt 5,711円 4,626マイル
モッピー 1,000pt  5,200pt 5,200円 4,212マイル
ハピタス 2,700pt 3,500pt 2,700円 2,187マイル

ご覧の通り現在は「ちょびリッチ」からのお申し込みが一番お得になっています。

「ちょびリッチ」とは?ポイントサイトって何?という質問に答えます!

ポイントサイトとは無料で登録できる検索窓を持ったサイトのコトです。

その検索窓から様々なサービスや商品を検索してお申し込みや購入をすることで、独自のポイントがキャッシュバックされます。

ちょびリッチ」もポイントサイトの1つで、とてもメジャーで使っている方が多いサイトの1つです。

ポイントサイトで得たポイントは、ANAマイルに移行するコトはもちろん、プリペイドカードにチャージしてお買い物などに使うコトもできるのでとってもお得です。

ソラチカカードのちょびリッチ経由での申し込み方法

1. ちょびリッチに無料で登録する

まずはポイントサイト「ちょびリッチ」に無料で登録します。

 

2. ソラチカカードをちょびリッチ経由で申し込む

「ちょびリッチ」での無料登録が完了しましたら、下のボタンをクリックしてください。

クリック後のページにて「ソラチカカード」を申し込むと「ちょびリッチ」経由で申し込みができてポイントによるキャッシュバックが14,000pt得られます。

14,000ptは7,000円分の価値があり、5,670マイルへと交換するコトが可能です!

 

3. 申し込みの際の注意点

ポイントコース選択に関しては「マルチポイントコース(5マイル)」を選択してください。

また、その他に「MyJチェック」「キャッシング枠」「支払い名人(リボ払い)」「家族カード」を選択する項目があります。

いずれも不必要ですので、以上4つに関しては申し込まずに全てのプロセスを完了させてください。

これまでの特典マイルと合わせると、合計で6,170マイルになります。

3. ANA JCBカードのキャンペーンに登録する(最大21,700マイル)

これまでの手順で、すでに6,170マイルをお得に手に入れられます。

ですが実は、さらに「ある条件」を満たすコトで、最大43,870マイルを手に入れられるのです!

43,870マイルあれば、無料で国内線を4往復やアジア近郊にビジネスクラスに乗れるのでこれは逃せません!

それでは以下にその条件を解説して行きます!

1. ANAカードの入会で自動的に1,000マイルをゲット

ソラチカカードはANAカードの一種なので、カード入会時と更新時に1,000マイルが自動的にANAマイレージバンクに登録されます。

これに関しては自分で何も手続きを行う必要がないのでご安心ください。

2. カードが届いたらANA JCBカード新規入会キャンペーンへの参加登録の手続きを完了する(1月15日~4月30日受付かつ5月31日まで入会)

ソラチカカードが手元に届いたら、すぐにANA JCBカード新規入会キャンペーンへの参加登録の手続きをしましょう。

以下のボタンよりANA JCBカード新規入会キャンペーン登録ページへ行ってください。

ページが開いたら「MyJCB IDで登録」か「JCBカード番号で登録」のどちらかを選択し、入力しましょう。

 

3. Web明細「MyJチェック」への登録で1,200マイルをゲット

2018年3月31日(日)までのJCB受付完了分に関しては、web明細「MyJチェック」に登録するコトで、自動的に1,200マイル(400pt)がもらえます。

紙ベースの利用明細書ではなく登録時のメールに利用明細が送られてくるので、ペーパーレスでとっても便利です。

以下のボタンより簡単に登録できますので手続きを完了してください。

 

4. 6月30日までにソラチカカードで30万円・55万円・130万円以上の決済をする

ANA JCBカード新規入会キャンペーンに登録した場合、登録後のカードの利用額に応じてキャンペーンでの特典マイルの額が変わります。

その違いは以下の3種類に分かれています。

  • ショッピング合計30万円以上:3,000マイル
  • ショッピング合計55万円以上:7,500マイル
  • ショッピング合計130万円以上:19,500マイル

このように決済の金額でもらえる特典マイルの額が大きく違ってきます。

ですので、大きなパーティーや、結婚式の支払い、車の購入海外旅行実家のリフォームなど(笑)

とにかく自分を含め、家族や親戚の支払いの立て替えを集中させて絶対にクリアしましょう!

ここまでのマイルとポイントを合わせると合計は最大で27,870マイルになります。

4. ANAカード新規入会キャンペーンに登録&条件達成(16,000マイル)

ANAカードへ新規入会(1月15日〜4月30日必着)の場合に、キャンペーンに登録した上で条件を達成すると、合計で16,000マイルを上乗せでゲットできます。

条件は以下の3つです。

  • キャンペーンの参加登録(500マイル)
  • 入会より3ヶ月以内に50万のカード決済(15,000マイル)
  • ANAカードファミリーマイルのプライム無料会員登録(500マイル)

キャンペーンの参加登録はカードが到着〜5月31日までに以下のボタンのリンク先ページの下部にある「キャンペーンに参加登録」のオレンジ色のボタンより行ってください。

 

また、入会から3ヶ月以内のカード決済での特典は、50万円に満たない場合でも15万円を超えれば3,000マイルを獲得できます。

なお、カード決済の締め切りは入会時期により以下のように異なります。

そして、ANAカードファミリーマイルのプライム無料会員登録は、ANAウェブサイトにログインの上でマイレージ会員メニューより行ってください。

ANAカード新規入会キャンペーンの特典とここまでのマイルとポイントを全部合わせると

合計で43,870マイルをゲットできます!

43,870マイルがあれば年会費2,160円の元は余裕で取れます

ソラチカカードは年会費がとっても安いお得なANAカードです

ANAアメックスゴールドの年会費は2,160円(税込)です。

このカードは様々なサービスがついてきてお得なのですが、元々の年会費がとっても安いです。

ですが、本サイトからの申し込みで「43,870マイル」をゲットすれば、年会費をはるかに超えるキャッシュバックを手に入れられるのです。

43,870マイルがあればほとんどの国内線が無料で4往復できます

日本の国内線なら、43,870マイルあればほとんどのルートの無料特典航空券4往復分を手に入れられます。

一部、沖縄や北海道などの遠距離のハイシーズンの場合は少しマイルが足りないかもしれませんが、ローシーズンやレギュラーシーズンを狙えば、日本国内のほとんどの空港へと無料で飛行機に乗るコトが可能です。

年会費が2,160円(税込)のカードを作って、無料で国内線の往復が4回もできるのだから、とってもお得ですよね。

韓国・上海・香港・台湾などの海外旅行がビジネスクラスで無料です

以下の表はアジア近郊へマイルを使って無料で航空券を入手する場合に必要なマイル数をまとめたモノです。

「L・R・H」は「L(ローシーズン)」「R(レギュラーシーズン)」「H(ハイシーズン)」の略称で、時期によって必要マイル数が変わっています。

「Y・C・F」は「Y(エコノミークラス)」「C(ビジネスクラス)」「F(ファーストクラス)」の略称で、クラスによっても必要マイル数が変わっています。

この表にあるように、エコノミークラスであれば12,000マイル〜38,000マイルで、どのシーズンでもマイルで無料の往復航空券が手に入れられます。

また、韓国やアジア1が目的地であれば、全てのシーズンをビジネスクラスでマイルで無料の往復航空券と交換できます。

「アジア1」は、上海や香港、そして台北(台湾)を含んでいますので、アジア近郊であればこのカードを作って手に入れたマイルで、無料のビジネスクラスの特典航空券を手に入れられます。

アジア近郊へのエコノミークラスの航空券の価値は5万〜20万円です

時期によって変動するのですが、アジア近郊で往復すると、どこの国でも安くて10万円ハイシーズンで30万円ほどします。

ちなみに、適当な日程で香港へのビジネスクラスの料金を調べたところ16万円を超えました(笑)

つまり、本サイトよりソラチカカードを申し込み、43,870マイルを手に入れて、それをアジア近郊のファーストクラス往復チケットへ交換すると

年会費の2,160(税込)が10~30万円もの価値に変化します!

つまり1年分はおろか、約50〜150年分の年会費の元が取れちゃうんです(笑)

マイルの価値について詳しくは以下の記事を参考にしてください。

1マイルの価値は何円?ANAマイルを航空券に交換する際の価格や値段がいくらか計算

ソラチカカードの3つの大きなメリット・特典・魅力とは?

ここまでの内容で、ソラチカカードを本サイトから申し込むとどれだけ得をするかが分かったと思います。

ですが、このソラチカカードは、実際のクレジットカードとしてもとっても便利な1枚です。

以下に、ANA カードの中で最強とも呼ばれるソラチカカードについての3つの大きなメリット・特典についてまとめてみました。

1. 3つのカード機能が1枚に。評判の良いオートチャージPASMO内蔵のカード

このカードは以下の3種類のカードが1つにまとまったとっても便利なカードです。

  • ①ANAマイレージカード
  • ②JCBクレジットカード
  • ③オートチャージPASMO

このカードが1枚あれば、ANAのマーレージを貯められますし、JCBのカードブランドでのクレジット決済が可能になります。さらにPASMOでの電車やバス、コンビニの支払いもオッケーになります。

これら3つの機能が1枚にまとまっているため、主婦や学生の方からお勤めの方まで、普段の生活から出張に旅行までもこれ1枚あればあらゆるシーンで活躍します。

それなのに実は、年会費が2,160円(税込)と安く、入会や更新の際に1000マイルの特典がもらえるので、実質の年会費は約500円と格安になっています。

2. ANA FESTAや提携ホテルなどのANAカードマイルプラス加盟店で特典ゲット

ANAの飛行機での機内販売やANA FESTAでのお土産の購入は10%引きの割引が得られます。

また、提携ホテルやレンタカーなどのANAカードマイルプラス加盟店でも、割引やANAボーナスマイルの獲得など様々な特典を得るコトができます。

また、ソラチカカードを持っていれば、ANA のフライト時に搭乗マイルが10%も上乗せされます。

ですので

これ1枚でザクザクマイルを貯めたい方にピッタリの最強のANA カードです。

3. ポイントサイトを活用してマイルを貯める方に欠かせないANA一般カードです

「ハピタス」「ちょびリッチ」「げん玉」「ポイントインカム」などのポイントサイトを活用してマイルを貯める方法が、主に陸マイラーの方の主流な貯め方として存在します。

そして、それらのポイントサイトのポイントをマイルに変換する際に、どうしても必要になってくるのがこの「ソラチカカード」です。

このカード無くしてはポイントサイトを活用してマイルを貯めるコトがほぼ不可能なぐらい、重要で欠かせない1枚となっています。

ですので、ポイントサイトを活用する予定の方は是非とも1枚作っておくと良いでしょう。

ソラチカカードを最大限に活用するオススメの使い方とは?

飛行機に乗ってマイルを貯める人を「空マイラー」乗らずにマイルを貯める人を「陸マイラー」と呼びます。

このカードは、ありとあらゆるシーンを網羅できるほど多機能なので、「空マイラー」「陸マイラー」のどちらのマイラーにもオススメの1枚です。

ここでは、両方の場合を想定しながら、ソラチカカードを最大限に活用する方法をお伝えします。

公共料金・生活費・電車代・航空券購入など全ての決済をこれ1枚に集約する

ソラチカカードを1枚だけ使っていく「陸マイラー」の場合は、日常的な決済の場面の全てをこの1枚に集約するコトがとっても大切です。

公共料金や電話料金、インターネット代はもちろん、生活費・電車代・航空券の費用など、すべての決済をこの1枚で完結させましょう。

現金を使う機会がほとんど0に近いぐらいに全てをこの1枚で支払うコトで

ものすごい速度でザクザクとマイルが貯まっていきます。

JCBブランドが使えないお店には、年会費無料のエポスカードを準備しておく

ソラチカカードは「JCBブランド」なので、国内や海外の決済において使えない場合があります。

そんな時のためには、VISAカードを1枚用意しておくと良いです。

そこでオススメなのが、年会費永年無料で海外旅行保険が手厚いエポスカードです。

エポスカードでマイル!キャンペーンとポイントサイトの比較!招待でゴールドも無料!

これ1枚あればJCBがカード使えないで困ってしまう場面も問題なく回避できます。

そして、ポイントが貯まったらANAマイルに変換するコトも可能なのでANAマイラーにも便利です。

しかも、年会費永年無料で海外旅行保険が手厚いので、すべての方にオススメする1枚です。

ANAゴールドカード等のメインカードと組み合わせてサブカートとして使う

このカードは「空マイラー」の方にとっても、電車やコンビニなどでのマイルの取りこぼしをゼロにするための強力なサブカードになり得る究極の1枚です。

例えば、ANAゴールドカードの中でマイルが一番貯まりやすい「ANAアメックスゴールドカード」と組み合わせるコトで、最速でマイルを貯めながら取りこぼしをゼロにするコトが可能です。

「ANAアメックスゴールドカード」については以下の記事を参考にしてください。

ANAアメックスゴールドの入会キャンペーン比較!お得なのはポイントサイト?紹介?

また、年会費が最もお得な「ANA VISA ワイドゴールド」と組み合わせるコトで、全体的な年会費を抑えながらマイルを取りこぼさずに貯めるコトも可能になります。

「ANA VISA ワイドゴールド」については以下の記事を参考にしてください。

ANA VISA ワイドゴールドの入会キャンペーン!ポイントサイトと特典の比較!

これらのANAゴールドカードをソラチカカードと組み合わせるコトで効率よくマイルを貯めるコトが可能になります。

どちらのANAゴールドカードもとっても魅力的で人気なので、それぞれの記事を比較して自分にピッタリの1枚を選んでください。

ANA VISA Suicaとの違いや口コミの比較とまとめ

ソラチカカードと同じく、大人気の交通系ANAカードとして「ANA VISA Suica」があります。

この2枚のどちらかを選ぶ際に、どうしても迷ってしまう方がとっても多いみたいです。

「ANA VISA Suica」について知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ANA VISA Suicaでマイル!キャンペーンとポイントサイトの比較&まとめ

とっても似ているようで、大きく異なるこの2枚のクレジットカードの違いについて比較して以下にまとめてみました。

フライトマイルボーナス10%や空港ラウンジの利用不可など共通点が多い2枚です

ソラチカカードとANA VISA Suicaは共通点がとっても多い交通系ANAカードです。

  • ANAの飛行機に搭乗した場合フライトマイルの10%のボーナスマイル
  • 空港ラウンジは利用不可
  • ANA FESTAやANA航空機の機内販売における10%の割引
  • ANA提携ホテルやレンタカーでの割引特典
  • ANAカードマイルプラス加盟店での特典
  • カードポイント還元率やポイント→マイルへの交換率

上記のいずれにおいても、ソラチカカードとANA VISA Suicaは全く同じで違いはありません。

海外旅行保険についてもどちらのカードも同じ補償内容と金額の付帯保険です

以下の表は、ソラチカカードとANA VISA Suicaの海外旅行傷害保険についてまとめたモノです。

いずれのカードも、カードを所持しているだけで補償が有効な「自動付帯」の保険がついています。

そして、どちらのカードも補償内容に関しては同じ内容と金額となっています。

ソラチカカード ANA VISA Suica
傷害死亡/後遺障害 最大1,000万円 最大1,000万円
治療費用
救援者費用 最大100万円 最大100万円
賠償責任
携行品損害

なお、この補償のみでは海外旅行へ行くのはとても危険なので、万が一に備えてもっと補償内容の手厚いモノを準備しておくコトをオススメします。

ボクの一押しは、年会費永年無料のエポスカードです。

エポスカードでマイル!キャンペーンとポイントサイトの比較!招待でゴールドも無料!

通勤や通学の定期として使えるオートチャージPASMOがとっても便利です

この2枚のカードの大きな違いを1つあげるとすると「PASMO」と「Suica」という点が挙げられます。

そして、実はソラチカカードで定期券を購入すると、ソラチカカードの裏面の左側に定期券の情報を入れるコトが可能です。

ANA VISA Suicaは定期券の情報を入れるコトができないので、この点はとっても大きな違いの1つとなります。

つまりコレによって、ソラチカカードでは

定期券+オートチャージPASMOとしての利用が可能になるというコトです。

ですが、利用駅が東京メトロなど対象の鉄道会社の定期区間に入っている必要があるため、JR沿線にお住まいの場合は不可能というコトです。

まとめ

ANA交通系カードの中で、とっても人気の「ソラチカカード」

年会費2,160円(税込)で持てるこのカードは、これ1枚で完結させたい陸マイラーやマイルの取りこぼしゼロを目指す空マイラーにピッタリの1枚です。

また、ポイントサイトを活用する方にとっては、絶対に持っておく必要がある最強の1枚です。

この記事をよく読んで「ANA VISA Suica」との比較検討をじっくり行って、自分にピッタリの1枚を探して行ってください。

お申し込みをする場合はこの記事のトップより再度読み直して、注意点をよく読んでお申し込みしてください。

1年間で10万マイルをゲットして100万円以上の得をしませんか?
2018年から本格的にマイルを貯め始めて1年間で100万マイルをゲットするコトに成功しました。

そして、その100万マイルで無料の特典航空券を約300万円分に手に入れるコトができました。

そこでこのノウハウを、マイルの貯め方を習得したい方のために「無料のメールセミナー」にて公開しています。
無料のメールセミナーを読む

ライター紹介 ライター一覧

小杉圭佑(けー先生)

小杉圭佑(けー先生)

2018年から本格的にマイルを貯め始めて、1年で100万マイルを超えました!具体的な貯め方は無料ブログとメールマガジンにてお伝えしています。

関連記事

  • ANA VISA ワイドゴールドの入会キャンペーン!ポイントサイトと特典の比較!

  • ANAダイナースカードの入会キャンペーン比較!お得なのはポイントサイト?紹介?

  • SPGアメックスはどの入会キャンペーンが良い?紹介?ポイントサイト?比較とまとめ

  • ANAアメックスプレミアムの特典・メリット・キャンペーン・使い方・比較のまとめ

  • ANAダイナースプレミアムを突撃で申し込む方法とは?メリット・年会費・家族カード

  • ANA VISA nimocaカードのポイントサイトと入会キャンペーンの比較!