1. TOP
  2. ファーストクラス
  3. 【コンコースC・T3】ドバイ国際空港エミレーツ航空ファーストクラスラウンジ滞在記

【コンコースC・T3】ドバイ国際空港エミレーツ航空ファーストクラスラウンジ滞在記

ドバイ→関西空港へのフライト搭乗時に利用

ドバイ国際空港から関空へのフライトで、エミレーツ航空のファーストクラスに搭乗しました。

その際に、ドバイ国際空港にある、エミレーツ航空の「ファーストクラスラウンジ」を無料で利用するコトができました。

日本へのエミレーツ航空のフライトは「ターミナル3」から離陸するのですが、「ターミナル3」にはエミレーツ航空の「ファーストクラスラウンジ」が複数存在しています。

ターミナル3にある3つのファーストクラスラウンジ

実は、ドバイ国際空港のターミナル3には、全部で3つのエミレーツ航空の「ファーストクラスラウンジ」があります。

  • コンコースAラウンジ
  • コンコースBラウンジ
  • コンコースCラウンジ

そこで、この記事では「コンコースCラウンジ」について、私が実際に体験したコトを中心に解説して行きます。

なお、3つのファーストクラスラウンジの比較について、以下の記事にまとめてあるので、そちらも参考にしてください。

ドバイ国際空港エミレーツ航空3つのファーストクラスラウンジのご飯やシャワーの比較

マイルを使った特典航空券を無料でゲット

私が搭乗した「エミレーツ航空ファーストクラス」ですが、マイルを使って無料の特典航空券をゲットしました。

もしも、このチケットをお金で購入する場合、全部で約135万円という大金が必要となって来ます。

ですが、今回のようにマイルを使うコトで、そのような高額なチケットを無料で手に入れるコトができるので、気軽に海外旅行へと行くコトができます。

以下の記事に、今回の搭乗した「エミレーツ航空ファーストクラス」について、搭乗記とマイルの貯め方を以下の記事にて紹介していますので、是非とも参考にしてみてください。

エミレーツ航空ファーストクラス搭乗記!豪華な個室とアメニティにシャワーまで完備!

「コンコースCラウンジ」の行き方と場所

「コンコースCラウンジ」は、セキュリティーを通過した後のコンコースC付近にあります。

なお、この空港には複数のセキュリティーゲートがあるので、セキュリティを通過した後に目的のコンコースへと移動する必要があります。

今回、私が利用したセキュリティーゲートから「コンコースCラウンジ」は歩いて10分程の距離にありました。

セキュリティーを出るとすぐに、頭上に「コンコースC」のサインと一緒に「ファーストクラスラウンジ」のサインを見つけるコトができました。

こちらのサインを目指して10分ほど歩いて行くと「コンコースC」の「ファーストクラスラウンジ」にたどり着くコトができます。

しばらくコンコースCへと向かって歩いて行くと、右手に「ファーストクラスラウンジ」の入り口を発見するコトができました。

コンコースAやBと比べると小さめの扉ですが、大きな期待を胸にしながら「ファーストクラスラウンジ」の扉を開いて、内部へと足を進めて行きました。

ラウンジ内の設備や様子

ラウンジの入り口の扉を開くと、少し小さめなチェックインカウンターがありました。

こちらにて搭乗券をスタッフの方に見せると、「どうぞごゆっくりくつろぎください」と中へと案内されました。

そして、中へ入って行くと、小さいチェックインカウンターとは裏腹に、とても広い空間が広がっていました。

2階建で吹き抜けの広い空間

こちらの「ファーストクラスラウンジ」は、2階建の吹き抜けとなっており、非常に広くてオープンな空間が広がっていました。

ラウンジへ入ってすぐのスペースには、ローテーブルとソファーが数多く並んでおり、こちらにてフライトまでの待ち時間をゆったりと過ごすコトができます。

「コンコースA」や「コンコースB」のように、巨大なスペースではありませんでしたが、通常の空港ラウンジぐらいの十分な広さを持つ快適な空間でした。

滑走路側には大きな窓が一面に張り巡らされており、非常に明るい光がラウンジ内に注いでいて気持ちの良い空間でした。

乗り継ぎが多い国際線ならではの設備

「ドバイ国際空港」は、様々な空港からのトランジット(乗り継ぎ)が非常に多い空港の1つです。

そのため、世界各国へと行き来する方のために、各所に様々なタイムゾーンの時計が設置されていました。

ちなみに、よーく見るとこの時計のブランドは全て「ROLEX」となっており、非常に高級感がある佇まいになっていました。

「コンコースA」や「コンコースB」と比較すると、フライト情報を掲載している電光掲示板が小さめでした。

ですが、様々な言語にてフライト情報が掲載されているため、自分のフライト情報を見つけるのに時間がかかってしまうかもしれません。

レストラン

このラウンジには、利用者が無料で飲食をするコトができる、本格的なレストランが用意されていました。

レストランでは、ビュッフェ形式の食べ物のほかに、オーダー形式のコース料理なども楽しむコトができます。

また、ソフトドリンクやアルコールも豊富に用意されているので、フライト前の時間をゆったりと過ごすコトができます。

食事メニュー

「ダイニング席」には、本格的なレストランさながらの「メニュー」が用意されていました。

全部で6つのカテゴリーに分けられた「メニュー」の内訳は以下の通りです。

  • 前菜:アペタイザー
  • スープ
  • 朝食:オールデイブレックファースト
  • メインコース
  • サンドイッチ
  • デザート

ですので、ガッツリとコース料理を堪能したり、軽めの軽食でサンドイッチをつまんだり、ティータイムをデザートと一緒に食べるなど、目的にわせて様々な楽しみ方ができるメニューになっていました。

和牛バーガーを食べてみました

この日はすでに2つのラウンジにてコース料理を食べた後だったので「和牛バーガー」を食べるコトにしました。

オーダーを終えてビールと一緒に運ばれてきたのは、とっても美味しそうなハンバーガーとポテトです。

この後にファーストクラスに乗って機内食を食べるので、控えめに少しずつ食べていましたが、美味しすぎてどんどん口に運んでしまうほどでしたw

ビュッフェコーナーでもご飯が食べられる

こちらのレストランでは、このようにコース料理以外に「ビュッフェコーナー」も用意されています。

まずは、サラダやフムスなどの「コールドミール」が種類豊かに用意されているコーナーです。

その手前にはローストビーフのサラダなど、ボリューミーなサラダも多数用意されているので、沢山の種類から自分が好きなサラダを選ぶコトができます。

また、その他のコールドミールとしては、日本ではあまり見かけないような食べ物が用意されていました。

野菜炒めやツナサラダなど、種類も豊富なこちらのセクションには、様々な国の料理がならんでいました。

こちらのセクションには、ピクルスやピンチョスなどのちょっとしたおつまみ的な食べ物が多数並べられていました。

ですので、お酒やアルコールが大好きな場合には、これらのおつまみの用意があるコトで、どんどんとお酒が進んでしまうと思いますw

こちらのセクションには、焼きたてのフォカッチャなどが、オリーブオイルとビネガーと一緒に用意されていました。

おつまみと一緒に小腹を満たしたい場合には、このような炭水化物系の食べ物がピッタリなので、用意されていると嬉しいものです。

こちらの棚には、デザート・フルーツ・チーズ・ドライフルーツなどが用意されていました。

デザートは全部で9種類もあり、ケーキやシュークリームにムース、タルトなど、様々な種類が豊富に用意されていたのでテンションが上がりました。

また、チーズやドライフルーツなども豊富に用意されているので、ワインがお好きな場合には心置きなく楽しむことができます。

また、デザート以外にも、マフィンやパンが数種類ずつ用意されていました。

コーヒーや紅茶などと一緒にティータイムを楽しみたい場合には、これらのマフィンやパンが用意されていると嬉しい気持ちになります。

また、隣のセクションには、アラビックデザートが6種類も用意されていました。

ドバイらしい味わいのアラビックデザートは、日本では滅多に食べられないので、離陸前にこちらのラウンジにてゆっくりと味わいたいモノです。

さらにお隣のセクションには、新鮮なフルーツとクッキーが用意されていました。

そんなにお腹が空いてない時など、サッパリとしたモノを食べたい場合には、こちらのフルーツが用意されていると嬉しいモノです。

豊富な種類のドリンクが用意されています

こちらのレストランでは、食べ物以外にも豊富な種類のドリンクが用意されていました。

アルコールだけでなく、ソフトドリンクなども種類が豊富なので、幅広い方々がドリンクを楽しむコトが可能となっていました。

まず目に飛び込んできたのは、リキュール類が大量に並んでいるこちらのカウンターです。

そちらのカウンターの下には、全部で20本ほどの赤ワインがワインセラーに収納されていました。

これだけの本数が揃えられていれば、相当の赤ワイン好きの方が来たとしても、心置きなくこれらのワインをじっくりと味わうコトができるでしょう。

リキュールや赤ワイン以外にも、ビールや白ワインにシャンパンなども豊富に取り揃えられていました。

これだけの種類のアルコールが揃っているので、フライトまでの時間を思いっきりお酒を楽しんで過ごすコトが可能となっていました。

また、もちろんアルコール以外のドリンクとして、ソフトドリンクも用意されていました。

定番のペプシやセブンアップ、ジンジャーエールに炭酸水など、種類が豊富に用意されているので、自分好みのソフトドリンクを選ぶコトができます。

カフェコーナーもあります

ここちらの「ファーストクラスラウンジ」には、充実したカフェコーナーもバッチリと用意されていました。

中東で人気の高級なお菓子である「デーツ」と「アラビックコーヒー」が用意されているので、日本ではなかなか味わうコトができないティータイムを楽しむコトができます。

また、挽きたてのコーヒー豆からドリップされたコーヒーを作ることができる、本格的なコーヒーメーカーも用意されていました。

深夜のフライトなどで、カフェインによる刺激が欲しい場合には、やはりドリップ仕立てのコーヒーがとても嬉しいモノです。

また、こちらのラウンジには、紅茶のティーバックも用意されていました。

ですので、このように豊富に揃えられているカフェメニューから、ティータイムを好きな飲み物を選んで楽しむコトができます。

その他の設備など

このように、とても充実しているこちらの「ファーストクラスラウンジ」ですが、この他にも沢山の設備が用意されていました。

その中でも、特筆すべきポイントをまとめて、以下にそれぞれ解説を進めて行きます。

シャワールーム

こちらの「ファーストクラスラウンジ」には、コンパクトでキレイな「シャワールーム」が、男女1つずつ配置されていました。

通常ラウンジのシャワーは受付カウンターにて手続きが必要ですが、こちらのラウンジでは手続きの必要がなく自由に使うコトができます。

おそらく、この日は混雑していなかったからだと思われます。

「シャワールーム」入り口の扉を開けると、シャワーがある広々とした個室になっていました。

また、非常に清潔で美しさを保たれており、水圧や水温も非常にしっかりとしているので、安心してシャワーを浴びるコトができます。

エミレーツ航空専用の「VOYA」というブランドのシャンプー&コンディショナーが、アメニティーとして用意されていました。

洗った後にパサつくコトなく、しっとりとした洗い上がりになる、とても上質のシャンプー&コンディショナーでした。

それぞれのシャワーブースには、このように薄いビニールにラッピングされたタオル・スリッパ・シャワーキャップ・くし・髭剃りセット・歯ブラシセットが用意されていました。

ラッピングされたおかげで、とても清潔感があるバスタオルとハンドタオルにて、シャワー後の身体を拭き取るコトができます。

また、こちらの「シャワールーム」には、このように美しくスタイリッシュな共用の洗面台も用意されていました。

シャワーの際に必要不可欠なドライヤーも用意されており、比較的風力も強いので髪を素早く乾かすコトができました。

雑誌コーナー・マガジンスタンド

この「ファーストクラスラウンジ」には、「雑誌コーナー」が1つ用意されていました。

近くには、チェアーやソファーなども配置されているので、座ってじっくりと読書を楽しむコトもできます。

靴磨き

この「ファーストクラスラウンジ」では、無料で本格的な靴磨きのサービスを受けるコトができます。

レザーの靴を履いている場合には、専属のスタッフにお願いするコトで、本格的な靴磨きのサービスを受けられるので、とってもお得です。

スマホの充電

この「ファーストクラスラウンジ」では。スマートフォンなどを充電できる「Charging Station」が設置されています。

この「Charging Station」と呼ばれるボックスにて、鍵をかけながら充電をするコトも可能なので、安心してスマホの充電ができます。

喫煙可のダイニング(2階のスペース)

こちらの「ファーストクラスラウンジ」は、1階部分が禁煙となっていました。

ですが、愛煙家の方のために、2階に「喫煙可のダイニング」が用意されていました。

こちらには1階と同じメニューが置いてあるので、食べ物や飲み物をオーダーするコトが可能となっています。

ですので、愛煙家の方はこちらにてタバコを吸いながらリラックスして楽しむコトができます。

「喫煙可のダイニング」には、バーカウンターが用意されており、様々な種類のドリンクが用意されていました。

1階のダイニングにあるアルコールやソフトドリンクに関しては、一通り全て置いてありました。

このようにバッチリとシャンパンやリキュール類が揃えられているので、お酒が大好きな方がタバコと一緒に楽しむコトができます。

シャンパンは他のラウンジと同様に、有名な「MOET&CHANDON」が用意されていました。

また、ビール・ワイン・シャンパンのストックなども冷蔵庫の中に用意されていました。

1階よりは種類は少ないですが、数種類のワインに数種類のビールと、お酒が好きな方が喜びそうなくらいの十分な品揃えでした。

また、アルコール以外にも、豊富な種類のソフトドリンクが冷蔵庫にストックされていました。

ペプシなどの炭酸飲料を始め、フルーツジュースなども沢山揃っているので、ノンアルコールはの方も安心してラウンジにてドリンクを楽しむコトができます。

こちらの「喫煙可ダイニング」には、基本的には食べ物は置いてありません。

ですが、カウンターの上にちょっとしたおつまみとして「ミックスナッツ」が用意されていました。

アルコールにはおつまみが必須な方にとっては、このようにおつまみが用意されていると安心して楽しむコトができます。

またその他にも、フルーツや中東の人気な高級お菓子「デーツ」も用意されていました。

ちょっとしたティータイムのお供にも、このようなフルーツやお菓子が大活躍してくれます。

そして、挽きたてのコーヒーをドリップするコトができるコーヒーメーカーや紅茶スタンドも用意されていました。

やはりティータイムには、アルコールやソフトドリンク以外の飲み物としての紅茶やコーヒーが欠かせないので、このように用意されているコトはとても嬉しいモノです。

クワイエットルーム(仮眠室)

こちらの「ファーストクラスラウンジ」には、「クワイエットルーム」と呼ばれる仮眠室が用意されていました。

こちらは、全体的に照明が暗くなっているので、静かにラウンジを過ごしたい方や仮眠をとりたい方向けの専用のスペースとなっています。

「クワイエットルーム」のカウチのサイドテーブルには、ミネラルウォーターとグラスがセットで置かれていました。

仮眠を取る際には水分補給が非常に大切になってくるので、カウチ毎にお水の用意があると非常に嬉しいモノです。

また、カウチの枕の上には、アイマスクが用意されていました。

「クワイエットルーム」は比較的暗くなっていますが、もっとしっかりと睡眠をとりたい場合には、こちらのアイマスクを利用するコトで熟睡するコトが可能になります。

また、「クワイエットルーム」の出口周辺には、薄暗いソファースペースも用意されていました。

ですので、仮眠を取るまでではないけれど静かにラウンジにて過ごしたい場合には、こちらのスペースを利用すると良いでしょう。

トイレ・ベビールーム

この「ファーストクラスラウンジ」には、トイレと一緒にベビールームが用意されていました。

ですので、赤ちゃん連れの方でも安心してラウンジを利用するコトができます。

ビジネスセンター

この「ファーストクラスラウンジ」には、パソコンやプリンターなどの設備がある「ビジネスセンター」が用意されていました。

忙しいビジネスマンの方にとっては、フライト前のラウンジで過ごすわずかな時間でも、パソコン作業などに充てられるので非常に重宝します。

まとめ

いかがでしたか?

このようにドバイ国際空港から、エミレーツ航空のファーストクラスへ登場する場合は、とても豪華でラグジュアリーな「ファーストクラスラウンジ」を無料で利用するコトができます。

そして、実はこの関空とドバイ国際空港を往復したファーストクラスの航空券を、マイルを使って無料で手に入れるコトに成功しています。

現金に換算すると135万円分の航空券代が無料となっており、ピーク時には200万円を超える時期もあるファーストクラスに無料で乗るコトができました。

ファーストクラスの搭乗記については、以下の記事で詳しく解説しているので、気になる場合は是非とも参考にしてみてください。

エミレーツ航空ファーストクラス搭乗記!豪華な個室とアメニティにシャワーまで完備!

\ SNSでシェアしよう! /

やさしいマイルの貯め方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

やさしいマイルの貯め方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
1年間で10万マイルをゲットして100万円以上の得をしませんか?
2018年から本格的にマイルを貯め始めて1年間で100万マイルをゲットするコトに成功しました。

そして、その100万マイルで無料の特典航空券を約300万円分に手に入れるコトができました。

そこでこのノウハウを、マイルの貯め方を習得したい方のために「無料のメールセミナー」にて公開しています。
無料メールセミナーへ登録する

ライター紹介 ライター一覧

小杉圭佑(けー先生)

小杉圭佑(けー先生)

2018年から本格的にマイルを貯め始めて、1年で100万マイルを超えました!具体的な貯め方は無料ブログとメールマガジンにてお伝えしています。

関連記事

  • エミレーツ航空ファーストクラス搭乗記!豪華な個室とアメニティにシャワーまで完備!

  • パワーラウンジ羽田は最強!ノースとサウスの2種類があるWiFi完備カードラウンジ

  • 羽田空港国内線ANAラウンジ!北と南の2つの場所と利用条件&営業時間のまとめ

  • 福岡空港ANAラウンジは国内線利用時に便利!北と南の2つの場所で飲み物が楽しめる

  • JFK空港ブリティッシュエアウェイズラウンジ!ANAファーストクラス&ビジネス

  • 【コンコースB・T3】ドバイ国際空港エミレーツ航空ファーストクラスラウンジ滞在記